提言の広場


第2430回 ワインツーリズムで地域活性化

<テーマ> ワインツーリズムで地域活性化

<放送> 9月22日(土) 午前7時30分~午前8時00分

全国有数のブドウ生産量を誇る山形県は、
その良質なブドウを原料としたワイン造りも盛んだ。

現在、県内には14のワイナリーがあり、
中でも、上山市と南陽市は、国のワイン特区に認定され、
ワインを活かしたまちづくりを進めている。

ワインを味わうだけではなく、ワイナリーやワインの産地を巡る新しい旅のスタイル
「ワインツーリズム」の可能性について考える。

<出演>
■ 上山市観光物産協会 会長
   (株)葉山館 代表取締役社長  五十嵐 伸一郎 氏

■ (有)タケダワイナリー 専務取締役  岸平 和寛 氏

■ 山形経済同友会 顧問
   東北文教大学 特任教授  大川 健嗣 氏

180922ワインツーリズム.JPG

2018年9月20日

第2429回 移住者拡大へ

<テーマ> 移住者拡大へ ~やまがたの暮らしと仕事を体験~


<放送> 9月15日(土) 午前7時30分~午前8時00分

地方の人口減少になかなか歯止めがかからない中、
地域の活力をどう維持し、地域経済を活性化していくかが求められている。

行政や民間が、様々な取り組みを行っている中、
今年度、県と市町村が連携した「やまがたCAMP」が行われている。
県外在住者に、実際にやまがたの暮らしと仕事を体験してもらい
将来的な移住に結び付けていこうという事業。
取り組みを紹介しながら、地域の魅力発信、移住者拡大の方策を考える。

<出演>
■ 県企画振興部市町村課 地域活力創造室長 星孝浩 氏
■ (株)キャリアクリエイト 代表取締役 原田幸雄 氏
■ 山形経済同友会 副代表幹事
   (株)山形銀行 専務取締役 石川芳宏 氏

180915移住者拡大.JPG

2018年9月11日

第2428回 租税教育の必要性

<テーマ> 租税教育の必要性

<放送> 9月8日(土) 午前7時30分~午前8時00分

来年秋に予定されている消費税率10%への引き上げまで1年余り。
税に関する話題がテレビ・新聞等で伝えられている中、
租税の意義や役割について考える機会はあまり多くない。
今回は、次代を担う子供たちへの租税教育の必要性について考える。

<出演>
■ 東北税理士会山形支部 租税教育部部長
        税理士  森谷 和則 氏
■ 米沢法人会青年部会 部会長  安部 徳朗 氏
■ 山形経済同友会 常任幹事
   髙島電機(株) 代表取締役会長  井上 弓子 氏

180908租税教育.JPG

2018年9月06日