提言の広場


第2184回 新春展望 2014

< テーマ > 新春展望 2014

< 放送 >  1月4日(土) 午前7時30分~午前8時

 

景気回復の兆しが見えてきた日本経済。

その中で、2014年、山形経済がさらなる一歩を踏み出するために何が必要か、

2014年のキーワードをもとに、課題と現状を語るとともに、新年を展望する。

 

< ご出演 >

■ 山形経済同友会 代表幹事

  (株)シベール 特別顧問     熊谷 眞一 氏

■ 山形経済同友会 副代表幹事

  山形建設(株) 代表取締役社長  後藤 完司 氏

■ 山形経済同友会 常務理事

  (株)山形銀行 常務取締役   石川 芳宏 氏

新春展望2014.JPG

2013年12月26日

第2183回 活力あふれる地域づくり

< テーマ > 活力あふれる地域づくり ~2013年を総括~

< 放送 > 12月28日(土) 午前7時30分~午前8時

 

今年も残りわずか。

山形経済同友会の基調方針の中にある重点課題、

「山形の強みを活かし東北振興」「新産業創出による経済活性化」

「次世代農業の確立に向けた取り組み」という視点から、

2013年、今年一年を振り返るとともに、県内の今後の景気動向について語る。

 

< ご出演 >

■ 山形経済同友会 副代表幹事

  (株)ヤガイ  代表取締役社長  谷貝 幹夫 氏

■ 山形経済同友会 副代表幹事

  (株)でん六  代表取締役社長  鈴木 隆一 氏

■ 山形経済同友会 常任理事

  (株)天童木工  取締役社長   加藤 昌宏 氏

 

今年一年2013.JPG

 

今年最後の「提言の広場」の放送です。

皆さんにとって、2013年はどんな年だったでしょうか?

日本経済は回復傾向といわれていますが、

地方都市など、山形県にとっては景気回復を実感できるまでには、まだ至っていないようですね。

2014年は、山形の経済が、そして県民一人一人が

一歩 歩みを進められる年になりますように・・・

今年一年、ありがとうございました。

 

 セット最後.JPG

 

そして、長年親しんだ「提言の広場」のスタジオセットとも今回でお別れです・・・

新年からは、リニューアルしたスタジオセットでお伝えします!

2013年12月26日

第2182回 わが街のブランド戦略

< テーマ > わが街のブランド戦略

 < 放送 > 12月21日(土) 午前7時30分~午前8時

 

最近、地域のブランド力という視点から、街づくり・地域づくりを考えようという取組みが

全国の各都市で積極的に行われている。

ブランド力のある都市は、企業誘致や、観光、特産品の販売などの面からも有利。

いち早く都市のブランド化戦略に取り組んでいる南陽市の塩田市長、

行政・企業などと山形の魅力を発掘するプロジェクトを手掛ける

東北芸工大 山下教授などの話を聞き、今なぜ「地域のブランド力」なのかについて語る。

 

< ご出演 >

■ 南陽市長   塩田 秀雄 氏

■ 東北芸術工科大学 企画構想学科 教授  山下 英一 氏

■ 山形経済同友会 常任理事

  五十嵐物産(株) 代表取締役  五十嵐 信 氏

 

地域のブランド力.JPG

2013年12月20日

第2181回 日大山形高校野球部 荒木監督に聞く

< テーマ > スポーツで地域に活力を ~日大山形高校野球部 荒木監督に聞く~

 

< 放送 > 12月14日(土)  午前7時30分~午前8時

 

東北楽天の日本一。 プロ野球 パ・リーグでの長谷川勇也選手(鶴岡市出身)の活躍、

そして夏の甲子園 日大山形高校 県勢初のベスト4。

今年の県内は、特に野球関係での明るい話題が多かった。

今回は、日大山形野球部 荒木監督を番組に迎え、

県民に感動を与えたベスト4躍進の要因や、県内の野球環境などについて話をうかがい

県内高校野球の強化と、スポーツの力による地域の活力について考える。

 

< ご出演 >

■ 日本大学山形高校 野球部監督   荒木 準也 氏

■ YTS高校野球解説者  阿部 浩悦 氏

■ 山形経済同友会 会員

  (株)志鎌園 専務取締役    志鎌 直人 氏

 

日大荒木監督.JPG

2013年12月09日

第2180回 アベノミクスの波及効果と展望

< テーマ > アベノミクスの波及効果と展望

 

< 放送 > 12月7日(土) 午前7時30分~午前8時

 

安倍政権発足後の経済政策「アベノミクス」から1年近くが経過。

大幅な金融政策、機動的な財政政策によって、円安・株高が進行した。

しかし、実体経済への影響はどうなのか、そして、私たち山形県にもその効果が表れているのか。

アベノミクスの波及効果と今後の展望について語る。

 

< ご出演 >

■ (株)フィデア総合研究所 主事研究員  齋藤 信也 氏

■ 山形経済同友会 会員

  野村證券(株) 山形支店 支店長  光橋 康雄 氏

■ 山形経済同友会 会員

  日本銀行山形事務所 事務所長  中村 浩行 氏

 

アベノミクス.JPG

2013年12月06日

第2179回 地域づくりのやまがた景観賞

< テーマ > 第6回 地域づくりのやまがた景観賞 

 

< 放送 > 12月30日(土) 午前7時30分~午前8時

 

 山形経済同友会が行っている顕彰事業、「地域づくりのやまがた景観賞」。

 6回目となる今年は、県内各地から27点の応募があった。

 その中から、「国宝 羽黒山五重塔ライトアップによる夜間参拝」が

 最高賞となる県知事賞に輝いた。

 最終選考会と表彰式の模様を紹介する。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

県知事賞 : 国宝 羽黒山五重塔ライトアップによる夜間参拝

山形経済同友会賞 : 旧蚕糸試験場 新庄支場 新庄市エコロジーガーデン

奨励賞 : 旧飽海郡松山町の武者行列・松山藩荻野流砲術・松山能

奨励賞 : ブナ文化フォーラム

 

 

2013年11月29日

第2178回 雪の事故をなくせ

< テーマ > 降る前に心構えを! 雪の事故をなくせ

 

< 放送日 > 11月23日(土) 午前7時30分~午前8時

 

まもなく本格的な冬到来。雪かきや雪下ろしは 雪国の宿命だが、

県内では雪下ろしや除雪中の事故が、毎年多く発生。

ここ3年 大雪が続き、比例して雪の事故も多くなっていているが、最も多いのが転落事故。

こうした事故の多くは、備えあれば防ぐことができるはず。

本格的な降雪期を前に、雪の事故を防ぐ心構えや対策について語る。

 

< ご出演 >

■ 山形県企画振興部 市町村課 課長   松田 義彦 氏

■ 尾花沢市民雪研究会  運営部会長   二藤部  久三 氏

■ 山形経済同友会 顧問

  東北文教大学 教授   大川  健嗣 氏

雪の事故防止.JPG

 *安全な雪下ろしの8つのポイント*

 ①屋根のゆるみに注意

 ②安全な服装で(ヘルメットをかぶろう)

 ③命綱を使いましょう

 ④はしごはしっかり固定

 ⑤使いやすい除雪道具を

 ⑥2人以上で作業

 ⑦無理な作業はしない

 ⑧足場はいつも注意

 

 

2013年11月18日

第2177回 ものづくり山形2 

< テーマ > ものづくり山形2 産業技術短大20年

 

< 放送日 > 11月16日(土) 午前7時30分~午前。8時

 

山形のものづくり、製造業を支えているのが優秀な人材。

県内外に優秀な人材を送り出してきた 県立産業技術短期大学校が今年開校20周年を迎えた。

産業技術短大の横山校長を迎え、山形のものづくりと人材育成について語る。

 

< ご出演 >

■ 山形県立産業技術短期大学校 校長  横山 正明 氏

■ 山形銀行 常務取締役    木村 孝 氏

■ 山形経済同友会 会員

  (株)ヤマコン 代表取締役社長    佐藤 隆彦 氏

産業技術短大.JPG

 

今週 放送分から、小坂アナウンサーに代わり

再び 熊谷が司会を務めさせて頂きます。

4か月ぶりの番組進行は、やはりドキドキしました・・・

皆様 どうぞよろしくお願いいたします。

2013年11月14日

第2176回 ものづくり山形~技能五輪を控えて~

 

< テーマ > ものづくり山形~技能五輪を控えて~

< 放送 > 11月9日(土) 午前7時30分~

 

 

 2016年秋、若者がものづくりの腕を競う

「技能五輪全国大会及び全国障害者技能競技大会」が、

山形市を中心に開かれます。

 

 

 技能五輪は、参加選手の技能を高めるだけではなく、

開催県・山形の「ものづくり力」の底上げも期待されています。

 

 

 

 今回は、3年後の本番に向けて、

これからの準備や課題、山形のものづくりへの影響などを語り合っていただきます。

 

 

 

< ご出演 >

■ 県職業能力開発協会 統括参事

    菅原 好見 氏

■ (株)昌和製作所 代表取締役社長 

    小関 博資 氏

■ 山形経済同友会 常任幹事

   ミクロン精密(株) 代表取締役社長 

    榊原 憲二 氏 

 

 

 DSC_2120.JPG


 

2013年11月07日

第2175回 『土門拳』を伝える~土門拳記念館開館30年~

 

< テーマ > 『土門拳』を伝える~土門拳記念館開館30年~

< 放送 > 11月2日(土) 午前7時30分~

 

 

 日本を代表する写真家、土門拳の記念館が酒田市に開館して

今年で30年を迎えます。

 今回の提言の広場では、土門作品、そして記念館の魅力を改めて

紹介しながら、酒田からの写真文化の情報発信について

語っていただきます。

 

 

 

 

 

< ご出演 >

■ 公益財団法人 土門拳記念館理事長

    髙橋 修 氏

■ 酒田市芸術文化協会 会長

    工藤 幸治 氏

■ 山形経済同友会 会員

    ㈱フォーラム運営委員会 代表取締役   長澤 裕二 氏 

 

DSC_2107.JPG 

 

 

 

2013年10月28日

最新の記事