YTS NEWS

News

お盆の「山形新幹線予約」状況 前年の3倍以上

 JR東日本は、お盆期間の「山形新幹線つばさ」の予約状況を発表しました。混雑のピークは「下り」が8月11日、「上り」は14日と見られています。

 JR東日本によりますと、8月10日から17日までのお盆期間中の「山形新幹線つばさ」の予約席数は3万4000席で、前年と比べて331.7%と3倍以上になっています。一方 新型コロナ流行前の2018年と比べると、60.7%に とどまっています。
 
 混雑のピークについては、「下り」が8月11日(祝.木)で、始発駅を午前9時から12時までに出発する列車が「ほぼ満席」の状態です。一方「上り」は8月14日(日)とみられていますが、混雑が見込まれる午後の時間帯でも「空席あり」となっています。