YTS NEWS

News

児童が「一日市長」に 南陽市

山形県南陽市では、地元の小学生が市長の仕事を体験しました。

一日南陽市長に任命されたのは市内の小学5年生10人です。この取り組みは、子どもたちに市長の仕事や市の課題について知ってもらおうと2021年から行われています。白岩孝夫市長から普段の仕事内容などについて説明を受け、消防署や警察署を訪問して訓練を視察した一日市長たち。政治への関心は高まったかな?

【宮内小 石黒千倖さん】
「市に対して大切に思ったりする気持ちが強くなった」

【赤湯小 小関貫太さん】
「やりがいを感じたので市長になってみたいという気持ちが出てきました」