YTS NEWS

News

皆川鶴岡市長100万円寄付未掲載問題 百条委尋問

 山形県鶴岡市の皆川治 市長が、5年前の市長選挙期間中に寄付金として受け取った現金100万円を政治資金報告書に記載していなかった問題です。市議会の百条委員会が開かれ、市長本人の証人尋問が行われました。
 
 この問題で皆川市長は、寄付として報告書を訂正していますが、百条委員会では事実関係をさらに調査するため、市長への証人尋問を行いました。
 そして「収支報告書に記載する方法と記載しない方法があるが、どちらにしますか」と寄付をした当時の支援者に電話をかけたとされる疑惑について話が及ぶと、皆川市長は「そういった記憶はない」と繰り返し否定しました。

【鶴岡市 皆川治 市長】
「先ほど申し上げた通りで、後援会への寄付なのか、選挙期間中で私個人への寄付なのか確認しまして、個人への寄付だということであった」

 25日の証人尋問では、予定されていた質疑が終わらなかったため、後日 改めて開催されることになりました。

【鶴岡市 皆川治 市長】
「選挙資金の収支報告書に関するミスで、市民、議会の皆様に申し訳なく思っている。聞かれたことには真摯に対応していきたい」