YTS NEWS

News

610人感染 米沢市立病院で救急搬送受入「中止」

 山形県は、新たに610人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。一日の感染者数としては過去2番目の多さです。

 感染が確認されたのは、山形市170人・天童市61人・米沢市52人・鶴岡市76人など、32市町村と県外在住の計610人です。

 新たなクラスターは7件で、山形市と東根市では、病院でのクラスターが確認されました。
 山形市の医療機関は、入院患者と職員 計8人で、関係者への検査は終了しています。東根市の病院は、入院患者と職員 計5人で、約100人に検査を行い、5人以外は陰性でした。
 このほか、米沢市の事業所2カ所や酒田市のスポーツクラブなどでも、クラスターとなっています。
 
 県内のコロナ病床の使用率は、県全体で35.4%で、病院別では、山形市立病院済生館で54.3%、日本海総合病院で53.7%など、半数を超える病院で5割以上になっています。入院中は101人、自宅療養は3388人、宿泊療養62人となっています。
 
 一方 米沢市立病院は、21日夕方から救急搬送の受け入れを中止している事を明らかにしました。22日までに医師を含む医療従事者11人が感染し、救急患者の受け入れが不可能になったためとしています。一部は院内感染と判断し、原則として新たな入院の受け付けを中止するほか、7月26日までは外来診療の一部を制限するということです。