YTS NEWS

News

事故防止を呼びかけ 夏の安全県民運動

 交通事故や青少年の非行防止などを呼びかける「夏の安全県民運動」が始まりました。

 出発式には、交通安全協会などから約30人が参加。山形市立第八小学校の児童たちが、こう宣言しました。

「1.海。危険な場所では泳ぎません。2.山。けがをしないよう注意して登ります」
 
 夏は、海や川での事故、さらに青少年の非行などが増える傾向にあるということです。
 県によりますと、昨年度の運動期間中、交通事故や水の事故などで6人が亡くなくなりました。夏の安全県民運動は、22日から8月21日(日)まで行われます。