YTS NEWS

News

高校生の英語プレゼン大会

国際的に活躍する人材を育成するプログラムです。山形県内外の高校生が集まり英語のプレゼンテーション大会が開かれました。

文部科学省は先進的な理数教育や国際性を養う教育を行う学校を「スーパーサイエンスハイスクール」に指定し特別カリキュラムを行っています。山形県立東桜学館高校には、その指定校である山形県内の高校や静岡、秋田などの計11校から57人が集まったほか、オンラインでタイとマレーシアの高校も結びプレゼン大会が開かれました。テーマは生徒がこれまでの探究活動で学んできた環境問題や地域の課題など様々。国際性を身に着けるため、すべて英語で行われました。

【生徒の発表】
英語「みなさん手を前に出してください。今実際に毎秒あなたの手のひらを宇宙線が通過しています」

【東桜学館高3年 尾崎杏華さん】
「宇宙線という宇宙から降り注いでる放射線について発表した。英語で難しい研究を伝えるというのもすごく難しかったので良い経験になった」