YTS NEWS

News

吉村知事「第7波と認識」 お盆の検査体制強化へ

 感染者の急増を受け、山形県の吉村美栄子 知事は、県内も『第7波』に入ったとの認識を示し、お盆休みに向けて検査体制を強化すると発表しました。

 県の対策本部員会議で吉村知事は、県内でもオミクロン株の系統「BA.5」への置き換わりが進んだことで感染者数が急増し、全国と同様第7波に入っていると述べました。
 そのうえで感染拡大が懸念されるとして、保健所体制を増強するなど自宅療養者への支援を強化すると発表しました。また 検査体制の強化として中小企業や小規模事業者向けに従業員全員の検査キット2日分を配布します。申請の受付は7月29日かに始まります。

【吉村美栄子 知事】
「県民の生活を守るため事業継続が大切。感染防止と事業・経済活動を両立させるということで、しっかり進めていきたい」

 このほかお盆休みに向けて、JR山形駅や米沢駅で無料の抗原定性検査なども実施します。