YTS NEWS

News

庄内の夏の味覚 イワガキ漁盛ん

山形県遊佐町では庄内の夏の味覚イワガキの漁が盛んに行われています。

遊佐町吹浦の沖合でとれるイワガキは、鳥海山の伏流水が流れ込む栄養が豊富な海水で育つことから、大きく甘みが強いのが特徴です。今年のイワガキ漁は5月下旬に始まりました。ここ吹浦漁港では漁師1人あたり一日で50キロほどのイワガキを水揚げするということで、この日も朝7時から作業が行われていました。港では、出荷を前に漁師たちが殻についた海草などをきれいに削り取っていました。

【漁師 篠川尚宏さん】
「基本は大きいのが値段が高いからなんぼでも大きいのを取っている。鳥海山の伏流水で育ったカキだからうまい。伏流水がミネラルが多いから栄養も多いと言われている」

このイワガキ漁は8月いっぱい行われるということです。