YTS NEWS

News

肉質の良さ競う「和牛五輪」予選会 天童市

 全国の和牛が一堂に会し、改良の成果と肉質の良さを競う「全国和牛能力共進会」の山形県予選が天童市で開かれました。

【斉藤佑太キャスター】
「最終予選を目前に控えた牛たち。どこか緊張感も漂っています。夢の全国大会へ気合十分です」
「モォー!」

 5年に1度開催されることから「和牛のオリンピック」とも言われる全国和牛能力共進会。
 13日、繁殖用の牛の姿や形を審査する「種牛の部」で、庄内・最上と置賜、2地区の予選を勝ち抜いた黒毛和牛のメス19頭が出場。審査員たちは、体の大きさはもちろん肉付きやバランスなどを細かく審査していきました。

【「若雌の1」優勝牛 農家 後藤侑さん】
「あまり大きくなく(1位を)獲れるとは思っていなかったのでビックリしたが、頑張ってきたので良かった」
「前回、宮城での全国大会も『こんな世界があって面白い』と思ったので、頑張って楽しみたい」

 13日の予選を勝ち上がり、山形県代表になった牛たちは、10月に鹿児島県で行われる全国大会に出場します。