YTS NEWS

News

政活費不正受給の野川元県議 有罪判決確定

 政務活動費を不正に受給した野川政文 元県議(68)は、11日までに控訴しなかったため、懲役1年6カ月・執行猶予3年の有罪判決が確定しました。

 野川政文 元県議(68)は、2015年度から2020年度までの6年間で、事務所スタッフの人件費について、うその領収書と収支報告書を作成し、政務活動費計576万円を不正に受給しました。
 6月27日の一審判決で懲役1年6カ月・執行猶予3年を言い渡され、裁判後 野川元県議は「判決を厳粛に受け止め、反省と謝罪を繰り返しながら静かに生きていきたい」と話していました。
 山形地裁によりますと、判決公判の翌日から14日間の控訴可能期間に弁護側・検察側ともに控訴せず、これにより野川元県議の有罪判決が12日に確定しました。