YTS NEWS

News

県消防協会元会長 交際費200万円を不正支出

 山形県消防協会の元会長が、過剰な贈り物を購入するなど多額の交際費を不正に支出していた問題で、第三者委員会は「極めて不適切な状態が長年続いていた」とする調査結果をまとめました。

 県消防協会によりますと、元会長は2014年度からの4年間、交際費として消防関係者などに、酒や果物など多額の贈り物をしていたと指摘されています。
 県消防協会では2020年 公認会計士や弁護士などでつくる第三者委員会を設置。調査の結果、不適切な支出は元会長らが出席した宴会で約213万円。さらに、業務との関係が疑われるディズニーランドの入園料約20万円なども発覚しました。
 また 元会長は費用を協会の理事会に諮らずに支出していたことも明らかになっています。
 県消防協会では今後、元会長らに返納を求めるということです。