YTS NEWS

News

夏の味覚「梵天丸茄子」豊作祈願 米沢市

 山形県米沢市の夏の味覚「梵天丸茄子」の豊作を祈願する催しが行なわれました。

 「梵天丸茄子」は、米沢市窪田地区で江戸初期から栽培されてきた「窪田茄子」と色が鮮やかな「仙台長茄子」を交配した品種です。
 米沢で暮らしていた伊達政宗の幼い頃の名前「梵天丸」にちなんで、その名が付けられました。歯ざわりが良く主に浅漬けなどにして親しまれています。
 米沢市の漬物製造工場で行われた供養祭には、JAや生産者など約35人が出席。神事では採れたてのナスを漬け込み、今年の豊作などを祈願しました。出荷は4日に始まり、米沢市内の土産物屋やスーパーなどで販売されるということです。