YTS NEWS

News

尾ひれ長く優雅な庄内金魚「金魚まつり」 庄内町

 山形県庄内町では「しょうない金魚まつり」が開かれています。

 庄内金魚は、尾びれが長く泳ぐ姿が優雅なことから振袖金魚とも呼ばれています。コロナ禍の前は毎年6月8日から5日間、特産の庄内金魚をPRする「あまるめ植木・金魚まつり」が開かれていましたが、去年から規模を縮小し「しょうない金魚まつり」として開催されています。
 こちらの業者は庄内金魚など約2万匹を養殖しています。今年は夏まつりやイベントが各地で行われることから、期待が高まっているそうです。

【成沢よしみ養魚場 成沢恵美子さん】
「みんな心待ちにしていたと言ってくれてうれしい。イベントがいろいろあるので、ぜひ来てほしい」

 「しょうない金魚まつり」は27日(月)まで開かれます。