YTS NEWS

News

飯豊連峰雪渓から滑落 福島県の男性が死亡

 23日、山形県の飯豊連峰で雪渓から滑落し、心肺停止の状態で見つかった男性は、その後 死亡が確認されました。

 亡くなったのは、福島県喜多方市の介護士・大竹和志さん(58)です。
 大竹さんは23日午後0時50分ごろ、飯豊連峰の石転ビ沢の雪渓から約40m下の沢で倒れているところを発見され、その後 死亡が確認されました。
 警察によりますと、大竹さんは21日の午前6時に、小国町の天狗平登山口から登山に入ったとみられ、発見場所の近くには滑り落ちた跡があったということです。