YTS NEWS

News

岸田文雄総理 来県 山形市で街頭演説

  夏の参議院選挙を前に18日、岸田総理が山形県内入りし、物価高騰対策や安全保障政策など政府の取り組みについて訴えました。

 岸田総理は、18日昼前に山形県内入りし、自民党の県連大会に出席。その後はJR山形駅西口で街頭演説を行い、コロナ対策と経済活動の両立や物価高騰対策、農林水産業への取り組みなど政府の方針を説明しました。

【岸田文雄 総理】
「日本の農林水産業、昨年で1兆円の輸出を記録した。これから2兆円、3兆円と増やしていかなければいけない。その際に『山形ブランド』にしっかり磨きをかけてもらい、世界にアピールしていく。こうした取り組みも進めていかなければいけない」

 また 6月22日公示の参院選に向けて、自民党候補への支持を呼び掛けました。
 夏の参議院選挙・山形選挙区には、現職と新人の計5人が出馬の意思を示しています。