YTS NEWS

News

「蔵王風力発電計画」環境への影響は

 関西電力による蔵王周辺での風力発電計画をめぐり、環境への影響などについて話し合う会議が、山形県で開かれました。

 関西電力は、山形市に隣接する宮城県川崎町の蔵王山周辺で、風力発電計画の検討を進めています。
 16日は、環境保全に詳しい識者らが計画による環境への影響などについて話し合い、関西電力の担当者も出席しました。委員からは「住民が気になっている景観への影響についてしっかりと理解を得ることが重要」などの意見が出されました。

【山形県環境影響評価審査会 横山潤 会長】
「景観に悪影響を及ぼしそうな状況であったとしても、レベルが分かるようなフォトモンタージュを示してもらい、早めに計画のイメージを共有できるように配慮してほしい」

 関西電力の調査では、風力発電施設は蔵王温泉スキー場などからは見えない可能性が高いものの、「御釜」周辺からは見える可能性があるとしています。今後は、住民説明会などで理解を得た上で、計画を進めていく考えです。

【関西電力 事業開発第三グループ 市橋公平 部長】
「地域の皆さまや関係行政機関の意見を聞きながら、環境保全を十分考慮した発電所の開発を目指したい」