YTS NEWS

News

平年より3日遅く 去年より4日早く「梅雨入り」

 仙台管区気象台は、東北地方(山形県内)が梅雨入りしたとみられると発表しました。

 今年は上空の寒気が強く、梅雨前線の北上が遅れていて、東北南部は平年よりも3日遅いですが、去年よりは4日早い梅雨入りとなりました。
 気象予報会社のウェザーニューズによりますと、現在は太平洋高気圧の勢力が強まり、梅雨前線の北上に伴って、県内には湿った空気が流れ込んでいます。
 今年の梅雨の降水量は、平年並みを予想していますが、梅雨の終わりごろは まとまった雨が降ることが多いため注意が必要です。