YTS NEWS

News

旬の味覚堪能「サクランボ給食」 東根市

 山形県東根市では、学校給食に「佐藤錦」が登場し、子どもたちが旬の味覚を堪能しました。

 子どもたちに、地元の農産物への理解を深めてもらおうと、毎年 実施されている東根さくらんぼ給食。

【望月雅人アナウンサー】
「初めてさくらんぼ給食を迎える1年生たち。みんな上手に全部食べられるかな」

 今年は、GIに登録されている「東根さくらんぼ」の佐藤錦が給食に並びました。

【児童】
「甘くておいしい」

 児童たちは黙々とさくらんぼを頬張ります。

【児童】
「(Q.すごいね、アッという間に4つ全部食べちゃったね)うん。味がおいしかった」

 一つ一つ幸せそうな表情で味わう児童も…。

【児童】
「(Q.来年その先も毎年、給食でさくらんぼを食べられるかもしれないよ)楽しみ」

 東根市によりますと、14日 市内14の小中学校で計4500食、約130キロが提供されたということです。