YTS NEWS

News

インバウンド復活へ 外国人観光客迎える準備 山寺

 外国人観光客の受け入れが、6月10日に再開されます。山形県の観光地では、外国人観光客を迎える準備が着々と進められています。

 コロナ禍前は、ピーク時で年間 約12万人の外国人観光客が訪れていたという山寺。観光協会では、インバウンド受け入れ再開に向け「英語ガイド」の養成を進めてきました。

【山寺観光協会 遠藤正明 商工事務部長】
「必要な人に対してのおもてなしは、看板ではなく『人』が対応しなくてはいけない。それは『英語のガイド』。コロナ禍になり、客が全く来なくなったことが『チャンス』で、講習会を開き準備を進めてきた」
 
 英語ガイドグループ「YAMADERANS」は、観光協会の後藤麻衣さんが中心になって立ち上げ、約10人のメンバーで構成されています。

【山寺観光協会インバウンド部 後藤麻衣さん】
「この日を待っていました、ワクワクしています」

 アメリカ出身の人を交えて実地研修を開くなど準備を進めてきましたが、最も力を入れたのは1年ほどかけて作ってきたというガイドのマニュアル作成です。

【山寺観光協会インバウンド部 後藤麻衣さん】
「私たちにとって当たり前に(やっている)『お寺だから静かにする』とか『靴を脱ぐ』というのも、文化の違う方にとっては『え、靴を脱いで入るの?』というところだったり、英語で言ったときにどういう補足説明が必要かというのをネイティブの方とたくさん話して意見を聞きながら(マニュアルを)作った」

 さらにインバウンド再開に向けて、こんな準備をしている店も…

【菅原智郁アナウンサー】
「店のメニュー、外国人旅行客に対応するため英語表記をしているのはもちろん、宗教上の理由で食べられない方にも対応するため、このようなマークでも示している」
 
 食事処・土産物店では、観光客の回復を見込んで、メニュー表示の対応をはじめ、コロナ禍でストップしていた山寺限定のお菓子の販売を再開するなど、準備を進めてきました。コロナ禍に物価高騰と、苦しい状況が続いていただけに、インバウンドの復活が経済回復の起爆剤になればと話します。

【ふもとや 遠藤定治 社長】
「(物価高騰で)材料費だけ上がって全然経済が回っていない。お土産文化のある中国・台湾の方がツアーを組んで、来られるようになれば、いろいろな物が売れるかなと期待」
 
 
 政府は7日、インバウンド再開に向けたガイドラインを発表しています。
 主なものは、「感染防止対策の実施として、旅行業者はツアー参加者にマスクの着用や消毒などを徹底する。参加者に陽性者が出てしまった場合の備えとして、多くの言語に対応した病院を確保すること。ツアー参加者に医療保険への加入を   求める」などが盛り込まれています。