YTS NEWS

News

議場に実の氷漬け「さくらんぼ議会」寒河江市

 山形県寒河江市では、全国にアピールする「日本一さくらんぼの里」ならではの こんな取り組みが行われました。

【望月雅人アナウンサー】
「今年も開催される『さくらんぼ議会』。議場には何と、サクランボが入った氷柱。近くに寄るとヒンヤリしていて、涼しげで良い!」

 飾られたのは、枝ごと氷漬けにされた「紅さやか」です。
 寒河江市議会では、毎年6月定例会を「さくらんぼ議会」として、地元の特産品をPRしています。議員らの胸元にはサクランボのネクタイやブローチ…。さらに紅秀峰の鉢植えも飾られました。

【寒河江市議会 國井輝明 議長】
「普段は大変、執行部と議会とでピリピリした感じはあり、サクランボの氷柱・苗木を出すと和やかな雰囲気になるが、しっかりと議論をしていく姿勢を見せたい。6月のサクランボをしっかりとPRしていきたい」

 さくらんぼ議会の会期は、6月20日(月)までとなっています。