YTS NEWS

News

サクランボシーズン到来 県内外にPR

 いよいよ本格的なサクランボシーズンの到来です。山形市では県内外にPRするキックオフイベントが開かれました。

【菅原智郁アナウンサー】
「まもなくサクランボの本格シーズン。キックオフイベントには多くの人が集まっています」

【生産者 渡辺初子さん(寒河江市)】
「『日本一おいしいサクランボ』を全国の皆様にお届けするため、ベストを尽くしていくことを誓い、決意表明とします」
 
 キックオフイベントは、霞城セントラルと県内2カ所の園地、東京の果実専門店などをオンラインでつないで開催。今年の生育は順調で、例年並みの1万3千300トンの収穫量が見込まれていることが分かりました。
 そして、山形市の出羽こども園の園児が、「さくらんぼ体操」を披露しました。頑張ったごほうびは紅秀峰です。

【園児】
「楽しかった」「ママとパパと一緒に食べたいです」

 6月23日には新品種「やまがた紅王」のプレデビューを迎え、PRにも力が入ります。

【吉村美栄子知事】
「(「やまがた紅王」の)名前を知ってもらい、大きさやおいしさをPRして、佐藤錦・紅秀峰に続く山形のスターとして、しっかり育てていきたい」

 県内では、佐藤錦が6月19日から22日、紅秀峰が29日から7月2日に収穫の最盛期を迎えます。