YTS NEWS

News

200年の伝統・槙島ほうき 園児苗植付け 庄内町

 山形県庄内町に受け継がれる「槙島ほうき」の材料・ホウキキビ。この苗の植え付けに地元の園児が挑戦しました。

 庄内町に200年以上前から伝わる「槙島ほうき」は、弾力性と耐久性に優れていることが特徴です。
 この伝統を受け継いでもらおうと、地元の有志による「槙島ほうき応援隊」も組織されていて、毎年 町内の高校や幼稚園で材料になるホウキキビの苗の植え付けを行っています。
 2日、庄内町立余目第一幼稚園で、年長組34人が苗を一つ一つ丁寧に植えていきました。

【園児】
「めちゃくちゃ簡単だった。宇宙まで行くくらい大きくなってほしい」
「楽しかった。水をいっぱいかけて育てたい。大変だと思うけど頑張る」

【槙島ほうき手作りの会 日下部市雄 会長】
「水かけをもう2週間頑張って。夏休みが終わった8月にまた刈り取りします」

 園児たちは8月に刈り取りし、年明けには親子で、ほうきの制作に取り組むということです。