YTS NEWS

News

飼育員が欲しいグッズ第2弾販売 鶴岡・加茂水族館

 山形県鶴岡市の加茂水族館では、飼育員が欲しいと思う物を追求したオリジナルグッズの販売を行っています。去年の第1弾クラゲのぬいぐるみに続き、今年はどんな商品が誕生したのでしょうか?

「飼育員の暴走シリーズ」と題したこの企画。第2弾はジグソーパズルです。

【加茂水族館 佐藤智佳 飼育員】
「ピース一つずつをじっくり見る。クラゲの細かいところを見てもらいたいということでパズルになった」
 
 美しいクラゲがジグソーパズルになって登場しました。種類はミズクラゲ・シンカイウリクラゲ・ベニクラゲ・ギンカクラゲの4種類。各300ピースのジグソーパズルになっています。4月下旬に販売が始まり、4種類あわせて購入する客も多いということです。

【加茂水族館 佐藤智佳 飼育員】
「飼育員も結構苦労するほどのパズル。崩してピース一つ一つはめながらクラゲを観察して楽しんでもらえたら」
 
 価格は一つ1650円(税込)。ちなみに一番人気は「ミズクラゲ」だということです。