YTS NEWS

News

参院選 元県議・大内理加氏 立候補の意思固める

 自民党から出馬の要請を受けていた元 山形県議の大内理加さんが、立候補の意思を固めたことが分かりました。

 自民党県連は5月23日、参議院選挙の独自候補として元 県議の大内理加さんに出馬を要請していました。
 大内さんは後援会などと協議し、26日までに県連幹部に対して出馬の意思を伝えたということです。
 大内さんは取材に対し「岸田政権の評価や与党への票の受け皿として、誰かが立たなければならない。短い準備期間で厳しい戦いになるが、しっかり戦っていきたい」とコメントしています。
 県連は近く開く会合で承認し、大内さんの擁立を決定する見通しです。
 
 参議院選挙には、国民民主党の舟山康江さん、共産党の石川渉さん、NHK党の小泉明さんが出馬を表明しています。
 一方、立候補予定者説明会には、この4人を含む6陣営が出席しました。公示は、6月22日(水)、7月10日(日)投開票が有力となっています。