YTS NEWS

News

参院選 自民党県連 候補者擁立方針決める

 参議院選挙について、自民党山形県連は候補者を擁立する方針を決定しました。

 関係者によりますと、県連幹部は20日、都内で会合を開き、参議院選挙に候補者を擁立する方針を確認しました。
 山形選挙区をめぐり自民党本部内では、政府予算案に賛成した国民民主党への配慮から、擁立見送りや国民・現職を推薦する案が出ていました。しかし、県連がこれに強く反発したほか、国民側が消極的な姿勢を示したことから、一転して擁立に踏み切るとみられています。
 人選については元 山形県議会議員で、2021年の知事選挙に出馬した大内理加さんを軸に検討していて、近く打診するとみられています。大内さんは取材に対し、「県連から正式な要請がないため、何もコメントできない」としています。