YTS NEWS

News

学内「カーシェアリング」開始 東北芸工大

 山形市の東北芸術工科大学で、山形県内初となる学内カーシェアリングが始まりました。

 学内カーシェアリングは、自分の車がなく、不便を感じている学生などのために、東北芸術工科大学とネッツトヨタ山形が共同で行います。
 大学キャンパスでのカーシェアリングは県内初。スマートフォンのアプリで、予約・開錠・決済など全てが行えるということで、20日 デザイン工学部の学生らが、運転までの流れを体験しました。

【学生】
「すごく簡単でした。自由に自分の使いたい時に使えるというのはいい」
「学外の活動が多いので、とても移動が楽になって うれしい」

 利用できる車は、コンパクトカーとミニバンの2台で、車種や走行距離によって料金は変わりますが、1回あたり最長で72時間使用できます。

【ネッツトヨタ山形 高橋修 社長】
「大学からスマホで出発が出来る、そして大学に返せることが一番のポイント。体験をしたり、おいしい物を食べたり、NETZ GOで実現してもらえれば」

 ネッツトヨタ山形では、学生の利用状況をみて、車を増やすことも考えるということです。