YTS NEWS

News

「つや姫・雪若丸」PR 吉村知事もんぺ姿で田植え

 山形県産ブランド米の「つや姫」と「雪若丸」をPRしようと、吉村美栄子 知事が田植えに参加しました。

 もんぺ姿で田んぼを訪れた吉村知事。

【吉村美栄子 知事】
「今年も特別おいしい『つや姫』が出来るように心をこめて」

 山形市で開かれた田植えイベントには、JA関係者や、それぞれのブランド米をPRする「つや姫レディ」「チーム雪若丸」も参加し、苗を手植えしました。

 県によりますと、作付面積はつや姫・雪若丸ともに年々増加していて、今年の収量は、つや姫が約5万3千500トン、雪若丸は2万3千600トンを見込んでいます。
 コロナ禍で、ここ2年は業務用米の売り上げが落ち込むなどの影響がありましたが、現在 需要は回復しつつあり、今後は感染対策をした上での試食販売の再開やネット販売の強化など『ウィズコロナでのPR』を進めたい考えです。

【吉村美栄子 知事】
「ウィズコロナの中でどうしていけるのか、知恵を出しあうのが大事。文句なくおいしいんです。山形県の米はおいしいんだということをPRしていく必要がある」