YTS NEWS

News

参院選 自民で再び「擁立論」浮上

 夏の参議院選挙をめぐり、山形選挙区への候補者擁立を見送る方向で調整が進んでいた自民党内で、再び『擁立論』が浮上していることが分かりました。

 自民党本部では、政府予算案に賛成し、その後 政策協議が進んでいる国民民主党への配慮や野党共闘を分断する狙いから、山形選挙区への候補者擁立を見送る方向で調整が進んでいました。
 また 執行部内では、国民・現職を推薦する案も出ていましたが、県連では これまで国民・現職と戦ってきた経緯から異論が根強く、反発の声が上がっていました。
 さらに、推薦について国民側が消極的な姿勢を示したこともあり、候補者擁立論が強まっていると見られています。
 執行部内には擁立を見送るべきとの声も残っていて、自民党は山形選挙区について、再検討に入ると見られています。