YTS NEWS

News

25日開催3年ぶりの「鶴岡天神祭」出前授業

 3年ぶりに行われる山形県の「鶴岡天神祭」通称・化けものまつりについて学ぶ出前授業が行われました。

 鶴岡天神祭は、菅原道真公を祀る鶴岡天満宮の例大祭で、道真公が九州・大宰府に流される際、道真を慕う人々が顔を隠して酒を酌み交わし、別れを惜しんだのが始まりとされています。
 
 鶴岡市の小学校で開かれた出前授業では、4年生53人が実行委員から紙芝居で祭りの由来などを教わりました。
 また 長じゅばん姿に編み笠で顔を隠した化けものも登場。クイズを出題し、児童が○×で答えていました。

【児童】
「伝統が良く分かった」「化けものの姿をする風習があることが分かった」「初めて聞いたこともたくさんあり、すごく分かるようになった」「化けものがたくさんいる街の中を見たい」

 「鶴岡天神祭」は5月25日(水)で、子どもたちもパレードに参加します。