YTS NEWS

News

黒毛和牛140頭が放牧 月山高原牧場

 山形県鶴岡市の月山高原牧場で、今季の放牧が始まりました。

 草原に放されたのは、庄内地方の畜産農家から預かった繁殖用黒毛和牛のメス約140頭です。
 広さ100ヘクタールの月山高原牧場には、朝から次々とトラックに載せられて、牛が到着し体重などを測っていました。
 牛は放牧することで十分な運動ができるため、骨格が鍛えられ体重も増えるということです。

【庄内広域育成牧場 放牧者互助会 斎藤耕策 会長】
「走り回り運動して丈夫な牛に育ってほしい。生草を腹いっぱい食べて繁殖能力が高まることが期待出来る」
 
 去年は平均で、体重が42キロ増えたということです。放牧は10月末まで続きます。