YTS NEWS

News

真っ赤な紅秀峰が登場「サクランボ給食」

 山形県村山市の小学生が、ハウスで栽培されたサクランボを味わいました。

 給食で出されたのは、真っ赤に色づいた紅秀峰です。

【岡田桃佳アナウンサー】
「給食のデザートはサクランボ。子どもたちは笑顔いっぱい、とてもうれしそう」

 子どもたちに地元の特産品を知ってほしいと、毎年この時期、地元の農家でつくる「食材応援団」から加温ハウスで栽培されたサクランボが提供されます。一人2粒の一足早い初夏の味覚。子どもたちは心待ちにしていました。

【児童】
「甘さがジュワって広がってきた」
「(Q.なんで一口で食べた)一口で食べると甘さが出る」
「赤くて口の中でパリパリってする。もっと食べたい」
「(Q.サクランボは好き)大好き」
 
 6月24日には、村山市内の他の小学校でもサクランボ給食が提供される予定です。