YTS NEWS

News

立憲・逢坂代表代行「国民民主の立ち位置見定め」

 立憲民主党の逢坂誠二 代表代行が山形県内入りし、「与党寄り」との指摘を受ける国民民主党について「立ち位置を見定める必要がある」と述べました。

 逢坂代表代行は、8日に山形市で開かれた立憲民主党の県連大会に出席。
 国民民主党の現職で、すでに出馬の意思を示している舟山康江さんも同席する中、夏の参院選について言及しました。

【立憲民主党 代表代行 逢坂誠二 衆院議員】
「国民民主党の立ち位置、本当に野党の立場で今の政府や与党を追い込む基本姿勢でいるのかどうか。そこが最終的に問われることになるだろうと思っている」

 これに対し、この後あいさつに立った舟山さんは「自公に対峙する野党であることに変わりはない」と強調しました。
 夏の参院選をめぐり、立憲民主党県連は舟山さんの支援にまわる方針ですが、逢坂代表代行は自民と接近する国民民主について「立ち位置を見極める必要がある」としました。

【立憲民主党 代表代行 逢坂誠二 衆院議員】
「党としての立ち位置が非常に曖昧なところがあるので、これまで山形が蓄積してきた土台が、より一層強化できるのか党本部としては見極めなきゃいけない」

 参議院選挙には、共産・新人の石川渉さんも出馬の意思を示しています。