YTS NEWS

News

連休にぎわう 道の駅米沢 去年の2倍の人出 

 「上杉まつり」が開かれている山形県米沢市の道の駅は、多くの家族連れなどで にぎわいました。

【利用客】
「久しぶりの遠出。大型連休なので出かけたいと思い、上杉まつりに行こうかなと」
「大型連休の始めに東京から山形に友達と一緒に来た。外出自体久しぶりだったが、人込みもなく快適だった」

 新型コロナの影響で、2020年・2021年と中止になった「上杉まつり」が3年ぶりに開かれている米沢市。道の駅米沢では、午前中から旬の果物など米沢の土産物を買い求める家族連れなどでにぎわいました。
 道の駅米沢によりますと、4月29日の大型連休初日から5月1日までの3日間で去年の約2倍、2万5000人を超える人が訪れたということです。

【道の駅米沢 坂川好則 駅長】
「去年は近場のお客さんが多かったが、今年は遠出のお客さんが多く、たくさんお買い物をしてもらっている印象。今年は3年ぶりの上杉まつりもあり、観光のお客さんにもお越しいただけるのかなと期待」

 米沢上杉まつり最終日の5月3日は、戦国時代の合戦を再現したメインイベントの「川中島合戦」が行われます。