YTS NEWS

News

「ほぼ満室」GWの観光誘客に期待 蔵王温泉

 山形県内有数の観光地・蔵王温泉では、29日に始まる大型連休の観光誘客に期待が高まっています。

【菅原智郁アナウンサー】
「山形市の蔵王温泉です。28日の人通りはまばらですが、大型連休ということで、29日からはホテルに多くの予約が入っているということです」

【蔵王温泉観光協会 伊藤八右衛門 会長】
「今年のGWは例年になく、去年よりもだいぶ多く(予約が)入っている。久方ぶりに蔵王温泉にお客さんがたくさん来ると期待」

 伊藤会長が経営する蔵王四季のホテルを含む、3ホテルでは、29日から5月7日の大型連休の期間、ほぼ満室となっているということです。去年の同時期と比べると、客の数は約2倍。東北6県を中心に関東からの予約も多いということです。

【蔵王温泉観光協会 伊藤八右衛門 会長】
「去年のGWは散々だった。どうしようもないというくらいガラガラに空いていた。ウィズコロナの考え方になってきたかなと。せっかくのGWだから旅行したいというお客さんが増えてきているのではないか」

 一方で、観光地全体としては、まだまだコロナ禍前の状態には戻っておらず、大型連休後も、引き続き多くの観光客が来てくれるのか不安もあるそうです。伊藤会長はGoToトラベルなど観光支援策の一日も早い再開を望んでいます。

【蔵王温泉観光協会 伊藤八右衛門 会長】
「観光の経済とオミクロン対策を両立させながら進んでいるのが今の状況。このような形で進んで経済がどんどん活性化してほしい」