YTS NEWS

News

日本一の品質・食味を目指す「米作りプロジェクト」

 山形県産米で日本一の品質・食味を目指す「米づくりプロジェクト本部総会」が、ウェブ会議で開かれました。

「山形おいしさ極める!米づくりプロジェクト」は、県の米づくり運動で、高品質・良食味や低コストの推進などを話し合っています。
 総会では、県産米の品質向上に向けて、人工衛星画像データを活用した「つや姫」の生育診断や「直播」など、省力低コストの技術普及・拡大に努めることなどが了承されました。
 一方、一等米比率の全国順位が去年6位と、前年の3位から低下したほか、6年間で1位から遠ざかっていることから、カメムシ対策の徹底など生産者に、もっと呼びかけることが必要という声も上がっていました。

【山形県 農林水産部 地主徹 部長】
「昨年度米価が下落した。資材や燃料の高騰が今話題になっている中、さらに低コストで、低所得が向上するような取り組みを進めていきたい」