YTS NEWS

News

「西吾妻スカイバレー」開通 安全祈願祭

 冬の間 閉鎖されていた山形県米沢市と福島県を結ぶ山岳観光道路・西吾妻スカイバレーが開通し、安全祈願祭が行われました。

 山頂付近で行われた安全祈願祭には、山形・福島 両県の観光関係者ら約30人が出席し、シーズン中の無事故を祈願しました。
 西吾妻スカイバレーは、米沢市の白布温泉と福島県の裏磐梯を結ぶ長さ17.8キロの山岳道路で、27日の開通に向け、4月1日から除雪作業が行われてきました。
 午前10時に開通すると、県内外から多くの車やバイクが訪れ、山々を望みながらのツーリングを楽しんでいました。

【米沢観光コンベンション協会 小嶋彌左衛門 会長】
「まん延防止措置も解除になり、人が動き始めている。メイン道路ではないので逆に混まない。ゆったりとした旅の気分を味わってほしい」