YTS NEWS

News

蜂子皇子御尊像の展示 鶴岡・出羽三山神社

 山形県鶴岡市の出羽三山神社で、4月29日から開祖・蜂子皇子の御尊像の展示が行われます。27日、一足先に報道陣に公開されました。

 蜂子皇子は、約1400年の歴史がある出羽三山の開祖とされています。まん延した疫病を退散し、人々の苦しみを取り除いたことから「能除仙」とも呼ばれています。
 展示は、出羽三山の丑歳御縁年奉祝行事として去年に続き行われるもので、疫病退散の願いも込められています。
 会場には、出羽三山神社にゆかりのある福島や岩手などの寺院に伝わる蜂子皇子の御尊像4体が並んでいます。

【出羽三山神社 宮野直生 宮司】
「目に見えないものに対しての心を、私たちはこの機会に改めて考え、神社として発信している」

 出羽三山神社によりますと、去年はコロナ禍ということもあり、参拝者は1万5千人にとどまったということですが、今年は5万人を見込んでいるということです。
「出羽三山開祖蜂子皇子御尊像参拝」は、11月23日までとなっています。