YTS NEWS

News

正面衝突事故発生率高いR47号で交通安全呼びかけ

 今週末に始まる大型連休を前に、山形県の新庄警察署などは、国道沿いのドライブイン前で交通安全を呼び掛けました。

 戸沢村の国道47号沿い「白糸の滝ドライブイン」前で行われた啓発活動には、新庄警察署や交通安全協会などから約80人が参加しました。のぼり旗を持ち、ドライバーらに事故防止を呼びかけていました。
 今週末から始まる大型連休では、観光客の増加により国道47号をはじめとする幹線道路では、交通量が増えることが予想されます。このため警察では、交通事故防止に向け、期間中 取り締まりを強化する方針です。

【新庄警察署 山口潤 交通課長】
「国道47号は長距離運転になりやすい。休憩を取りながら運転する際は集中してハンドルを握ってほしい」

 新庄署によりますと、国道47号では正面衝突事故の発生率が極めて高く、過去5年間で35件発生し、2人が亡くなっています。