YTS NEWS

News

蔵王お釜の湖面でスキーの男性 水中に転落して死亡

 24日、山形市の30歳男性が蔵王の「御釜」に転落し、死亡しました。

 亡くなったのは、山形市桜田西に住む30歳の男性会社員です。
 警察によりますと、男性は24日午後0時40分ごろ、知人の男性と凍った御釜の湖面でスキーをしていたところ、氷が割れ、水中に落ちたとみられています。男性は約1時間半後に救助されましたが、その後 死亡が確認されました。
 一緒にスキーをしていた知人は警察に対し、「凍ったところを通過してみようと思った」と話しているということです。
 現場周辺には立ち入らないよう呼び掛ける看板や柵が設置されていますが、当時は、他にも御釜周辺でスキーをしていた人がいたということです。