YTS NEWS

News

県外との往来規制行わず 感染対策と経済活動の両立へ

 山形県は大型連休を前に、無料で実施している検査の期間延長など、今後の新型コロナ対策の方針を決定しました。

 大型連休に向けた感染対策として、現在 県内の薬局などで行われている無料の検査の期間を、5月31日まで延長します(延長前は4月30日まで)。
 また 4月29日に山形空港と庄内空港で抗原検査キットを配布するほか、JR山形駅では大型連休中、利用者に対し注意喚起を行います(4月28日から5月8日)。
 一方で、去年おととしのような県外との往来の制限は行わず、感染対策と経済活動との両立を目指す考えです。

【吉村美栄子 知事】
「感染対策とワクチン接種。この2つをしっかりと講じ、出来る限り日常生活を取り戻すという期間にしていきたい」