YTS NEWS

News

飲食店男性死亡事件「傷害致死罪」などで男3人起訴

 3月、JR山形駅前の飲食店で、経営者の男性が死亡しているのが見つかり、男4人が逮捕された事件で、山形地検は、このうち3人を傷害致死や傷害の罪で起訴しました。

 20日付けで起訴されたのは、いずれも山形市に住む会社員・森山健太 被告(31)、飲食店経営・上野吉之 被告(41)、飲食店店長・小野陸弥 被告(30)です。
 起訴状によりますと、森山被告と上野被告は、3月30日未明、山形市香澄町のパブ「The Romp」の店内で、この店を経営する古沢将太さん(当時36)の腹を殴る、蹴るなどして死亡させた傷害致死の罪に問われています。
 また 小野被告は古沢さんの顔を殴るなどして、けがをさせた傷害の罪に問われています。
 同じく傷害の容疑で逮捕・送検された山形市のアルバイト従業員の37歳男性については、暴行の現場にいたことは認められるものの、証拠が不十分だとして「不起訴処分」になりました。
 
 古沢さんの死因は、腹部に強い衝撃が加わったことによる「出血性ショック」でした。
 4人は、当初「傷害」の容疑で逮捕・送検されましたが、古沢さんの死亡と暴行の因果関係が疑われるとして、4月1日の拘留請求から容疑を「傷害致死」に切り替えて、捜査が進められてきました。
 警察と山形地検は、起訴した3人の認否について、明らかにしていません。
 
 関係者によりますと、上野被告の経営するキャバクラは古沢さんの店の隣で、森山被告が経営し小野被告が働くキャバクラも半径100m以内にあるということです。
 捜査関係者によると、事件前の3月29日深夜から30日未明にかけて、被告らと古沢さんは、上野被告の経営する店で一緒に酒を飲んでいて、「店の扉を壊した」などと古沢さんに因縁をつけたトラブルがあったことが分かっています。
 山形地検は、20日付けで森山被告と上野被告を「傷害致死」の罪で、小野被告は「傷害」の罪で起訴しました。