YTS NEWS

News

巨大しめ縄 掛け替え 南陽市・烏帽子山八幡宮

 山形県南陽市の烏帽子山八幡宮で、大鳥居の巨大なしめ縄が掛け替えられました。

 掛け替え作業は120年前、大鳥居が建立されて以来続く伝統行事で、サクラの開花時期にあわせ、毎年4月18日に行われています。
 大鳥居は高さ約11mで、継ぎ目のない一つの石から作られたものとしては「日本一」の大きさを誇ります。
 しめ縄の重さは約300キロ、長さは10mほどあり、地元保存会の10人が作業にあたりました。サクラの開花が進んでいることもあり、多くの見物客が作業を見守りました。

【地元の小学生】
「初めてみたけど、すごい」
「ずっと昔からこの作業が続けられてきたと思うとすごい」

 観光協会によりますと、烏帽子山公園のサクラは現在8分咲きで、間もなく満開を迎える見込みだということです。また 5月5日までライトアップも行われます。