YTS NEWS

News

温泉湯利用 稲の種もみの芽だし 鶴岡市

 山形県鶴岡市では、温泉のお湯を利用した稲の種もみの芽出し作業が行われています。

 鶴岡市の湯田川温泉で、江戸時代後期から続くとされる温泉のお湯を使った稲の芽出し作業は、この時期の風物詩にもなっています。
 この日は、作業員が午前5時ごろから、農家が持ち込んだ「はえぬき」や「雪若丸」などの種もみを32度ほどの温泉のお湯が流れる水路に浸していました。
 
 種もみは12時間ほどで引き上げられ、コモをかけて半日ほど蒸すと発芽が促されるということです。
 JA鶴岡によりますと、専用の機器を使った芽出しに比べ、コストが低く発芽が均一になるなどのメリットがあり、農家から好評だということです。
 この芽出し作業は、4月いっぱい続きます。