YTS NEWS

News

感染対策と経済活動再開の「両立」へ

 感染対策と経済活動再開の両立に向けた会議が山形県で開かれました。

 会議では、観光業界や自治体の関係者らが、長引くコロナ禍による経済への影響について報告しました。
 そのうえで、観光キャンペーンの実施など、経済回復に向けた支援策の要望が相次ぎました。

【山形県観光物産協会 小野真哉 専務理事】
「観光消費額を伸ばしていくためには、インバウンドの再開が非常に大切」

【山形県生活衛生同業組合 団体協議会 佐藤信幸 会長】
「これからサクランボシーズンに入って、全国からお客さんが来てもらえるとありがたい。それにはGoToトラベルをスタートしてもらわらないと我々だけの努力ではどうにもならない」

 また 山形県医師会の中野目会長も、経済活動再開に向けた議論の必要性を訴えました。

【山形県医師会 中野目千之 会長】
「BA.2に置き換わっている。この現状を踏まえ(感染者数が)3桁であろうと、どのような形で経済を回していくかという思考とエネルギーを使うことが大事」