YTS NEWS

News

257人感染 累計2万人超 クラスター5件

 山形県は、新たに257人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。県内の感染者の累計は2万人を超えました。

 感染が確認されたのは、山形市87人、天童市22人、米沢市14人、鶴岡市33人など計257人です。一日の感染者数が200人を超えるのは3日連続です。

 新たなクラスターは5件確認されました。
 山形市内の医療機関では、入院患者と職員計11人の感染が明らかになりました。全員同じ病棟で、感染者が確認されてから、入退院を制限しているということです。
 このほか山形市内の高校で、同じ部活動の生徒5人、酒田市内の病院で7人などのクラスターも確認されています。
 
 入院中は65人で、このうち重症は1人。自宅療養は1828人などとなっています。

 県内の累計感染者数の推移をみると、1万人を超えたのは、県内で初めて感染者が確認された日から約2年後の今年2月20日でした。
 そこから、わずか2カ月足らずで2万人を超えました。特に、今年に入ってから急激に感染者が増えていることが分かります。この理由として、オミクロン株の派生型「BA.2」への置き換わりが挙げられます。3月28日から4月3日までの調査で、県内では「BA.2」が全体の50%を占めていることが明らかになりました。