YTS NEWS

News

月山スキー場10日オープン 猛吹雪の中の準備…

 山形県西川町の月山スキー場が、4月10日(日)にオープンします。しかし、山では7日夜から大雪となり、準備に追われるスタッフたちは大慌てです。

 県道・月山志津線は8日午前11時、冬季間の封鎖が解除されました。道路脇には高くそびえ立つ雪の壁。全国有数の豪雪地に作られた雪の回廊は、今季の大雪で例年以上の迫力です。
 月山スキー場では10日のオープンに向け、スタッフたちが朝からリフトの取り付け作業などにあたる予定でしたが、天候が悪化し、猛吹雪に…。作業は一時中断になってしまいました。

【望月雅人アナウンサー】
「この後の作業、急ピッチで済ませないといけないので大変では」
【月山観光開発 リフト担当 浜広人さん】
「大丈夫。何とかなると信じています」

【望月雅人アナウンサー】
「何も見えなくなってきましたが」
【月山観光開発 リフト担当 浜広人さん】
「見えないね。その辺にちょっと木が見えているけど、僕の生命線」
【望月雅人アナウンサー】
「本当に数本の木が頼りなんですね」

 上り続けること約20分。標高約1500mのリフト降り場に到着すると…。

【望月雅人アナウンサー】
「4月に入っていますが、月山はまだまだ雪に覆われています。そして、風も強くて完全にホワイトアウト状態。辺りが…ほとんど…見えません」

 3月28日、本格的に除雪作業が始まり、準備は8割ほど終えていますが、ここにきて痛い足踏みとなってしまいました。

【月山観光開発 リフト担当 浜広人さん】
「残りあと2割くらい。きょうあす頑張ります」

 それでも、午後から急ピッチで、リフトの取り付けや除雪作業が行われたそうです。