YTS NEWS

News

参院選 立憲「独自候補擁立も」意見交換実施

 夏の参議院選挙に向けて、立憲民主党本部の選挙対策委員長が山形県内入りし、自民党が候補者擁立を見送る可能性を踏まえて「独自候補擁立を含めた あらゆる選択肢を準備したい」と述べました。
 
 立憲民主党の選挙対策委員長を務める大西健介 衆議院議員は、6日に山形入りし、立憲民主党県連の幹部や支援労組と意見交換を行いました。

 参院選の県選挙区を巡っては、国民民主・現職の舟山康江さんと共産・新人の石川渉さんが出馬の意思を示しています。
 自民党も候補者擁立を目指してきましたが、予算案に賛成した国民民主党への配慮などから擁立見送りの方向で調整が進んでいます。
 大西選対委員長は会合後の取材に対し、「国民との選挙協力は維持している」とした一方、「立憲からの独自候補の擁立も含めて、あらゆる選択肢を準備したい」と述べました。

【立憲民主党 大西健介 選対委員長】
「与党の議席を1つでも減らして、野党の議席を増やすことで緊張感のある政治を実現する。山形においてはどれが近づける選択肢なのか、しっかり判断していきたい」