YTS NEWS

News

例年2倍超の積雪「西吾妻スカイバレー」除雪作業

 冬の間 閉鎖されていた山形県米沢市と福島県を結ぶ山岳道路の除雪作業が行われています。

 米沢市と福島県の裏磐梯を結ぶ全長17.8キロの山岳観光道路「西吾妻スカイバレー」。
 4月1日に山形県が管理する米沢市側、約8キロの区間で除雪作業が始まりました。この日は2台のロータリー除雪車が轟音を響かせながら、勢いよく雪を吹き飛ばしていました。
 
 例年の2倍を超える積雪があるということで、除雪を終えた道路脇には2mを超える雪の壁が現れ、今シーズンの雪の多さを物語っていました。
 道路を管理する県によりますと、作業は約10日で終わり、その後 冬の間取り外していたガードレールや道路標識などを設置します。そして、観光シーズンが本格化するゴールデンウィーク前の開通を目指すということです。